殺人と過失致死の大きな違い~「未必の故意」と「認識ある過失」~|交通事故弁護士相談ドットコム

弁護士事務所登録、問い合わせ

殺人と過失致死の大きな違い~「未必の故意」と「認識ある過失」~

2015年8月17日 山岸純
山岸純

8月16日午後9時30分ころ、豊島区東池袋の歩道に乗用車が乗り上げ、歩行者をはねながらビル1階の衣料品店「ZARA」に突っ込むというショッキングな事件が発生しました。この事件により、板橋区在住の女性が亡くなったとも報道されています。

池袋と聞いて、「またか」と思った方も多いかと思います。

池袋では去年の6月にも脱法ハーブを吸った男が無謀な運転をして7人が死傷する事件も発生しています。

今回、自動車運転処罰法違反で逮捕されたのは、北区在住の医師とのことですが、「疲れていて居眠りしてしまった。運転していたのは間違いないが、歩道に突っ込んだのは記憶がない」と供述しているようですが、現場にはブレーキ痕もなく、人をめがけて突っ込んだと言われても言い訳ができないような状況とも言えます。

ところで、このような死傷事故は、飲酒、脱法ハーブ吸引などを伴ったどんなに危険な運転が原因であっても、原則は「過失」であり、「殺人」にはなり得ません。 しかし、人知不詳になるまでアルコールを飲んで運転すればどうなるか、混雑した歩道に自動車がノーブレーキで突っ込めばどんな悲劇が起こるか、通常の人間であれば即座に理解できるはずですし、このような場合であっても「過失」に過ぎないというのでは、納得がいかない方も多くいるかもしれません。

「故意」と「過失」

さて、「殺人」と「過失致死」において、何が違うかというと、簡単には「故意」と「過失」の違いなのですが、さらに、「故意」と「過失」の間には、「未必の故意」と「認識ある過失」というカテゴリーが存在します。

まず、「未必の故意」とは、実際に事件(犯罪)が発生するかどうかは不確実であるが、その自らが想定した事件(犯罪)が実現されると認識し、さらにそれを認容している(すなわち、結果の発生を認める)場合を意味します。
次に、「認識ある過失」ですが、これは、同じく実際に事件(犯罪)が発生する可能性は認識していても、その事件(犯罪)は発生しないであろうと考えた(すなわち、結果の発生を認めない)場合を意味します。

例えば、公園でバットの素振りをしてる場合において、
「近くの小学生にぶつかるかもしれないが、これだけ離れていれば大丈夫だろう」
と思っていたにもかかわらずぶつかってしまった場合は「認識ある過失」となり、
「近くの小学生にぶつかるかもしれないが、これだけ離れていてもぶつかってしまったら仕方がない」
と思っていた場合は「未必の故意」となります。

刑法は「犯罪を犯す意思(刑法38条1項)」を故意犯として重く処罰し、過失犯は、法律に特別に規定のある場合以外は犯罪とされないことから、この違いはとても大きなものとなります。

故意の立証

今回の池袋の事故も、「歩道に突っ込んで、人を死傷させても仕方がない」と思っていたなら「未必の故意」として殺人罪、傷害罪となる可能性も出てくるでしょうが、大抵の場合、「人が死傷するとは思わなかった(認識を否定する)」、「人が死傷するかもしれないと思ったが、死傷することは望んでいなかった(認容を否定する)」と言い訳しますし、人の頭の中を立証することはほぼ不可能ですので、「過失」となってしまうのです。

まとめ

もちろん、このような事態を想定し、昨今、「故意犯」による処罰とまではいかなくても、飲酒、脱法ハーブ吸引などを原因とする交通事故を厳しく処罰する法改正がなされており、例えば、「殺人罪」の法定刑は死刑、無期、5年以上20年以下の懲役ですが、飲酒や薬物で正常な運転ができない状態で死亡事故を起こした場合は1年以上20年以下の懲役とされています。 このように、「未必の故意」と「認識ある過失」は、実に”紙一重”であるにもかかわらず前者の立証は極めて難しいのですが、法定刑でバランスをとっていると考えることもできます。

山岸純 掲載日:2015/8/17
弁護士法人ALG&Associates
事務所URL:https://www.avance-lg.com/
弁護士・山岸純

コラム 一覧

これからの車はどうなってしまうのか?自動車運転自動化の未来

こんにちは、アヴァンセドットコムの土本です。自動運転で初の死亡事故という記事を読みましたが、みなさまは自動運転に興味があ...

交通事故は未然に防止!交通事故の防止対策 5つのマニュアル

昨今、交通事故の件数は減ってきました。しかし、現実に交通事故はまだまだ発生しています。今回は車の運転中や、自転車走行中、...

自転車保険は何を補償してくれるの?

  道路交通法の改正により、自転車規制が強化されて1年が経過しました。自転車ユーザーの皆さん、安全運...

夏前に!車の暑さ対策を。

こんにちは、nekoです。暑い日が増えてきましたね。本格的に車に乗るのが嫌になる季節はまだ先ですが、今のうちに準備をして...

交通事故が起きたときの謝罪について

交通事故が発生したらすぐに被害状況を確認しよう  もし、交通事故が起きてしまったら、まずは被害状況を...